企業主導型保育連盟

法人理念

健全な保育所経営のための連携強化を実現する

法人の目的

一般社団法人 企業主導型保育連盟は、企業主導型保育事業者を中心とした「1.関係各所との連携強化」・「2.認可外保育施設の連携」・「3.保育施設と保育士の質の向上」を目的として設立された法人です。

  1. 関係各所との連携強化

企業主導型保育事業を管理する児童育成協会や各市区町村などと連携することを目的とし、法人としての地位を高め、関係各所と会員施設との橋渡し役を担います。時には意見書・要望書なども提出していきます。

  1. 認可外保育施設の連携

保育所経営に必要な情報を提供・共有することで、会員の健全な保育所経営を目指します。

  1. 保育施設と保育士の質の向上

健全な保育所経営とともに保育の質を高める取り組みもしていきます。一般的な保育研修以外に、保育士向けに社会人としてのビジネスマナー研修やICTスキルアップ研修なども実施していきます。

 

会員自らが自身のスキルを高め、また会員同士が協力し合って更なる質の向上を目指す。当法人は「保育」と「経営」の両輪の質を高め合うことを目標としています。

当法人にご興味をお持ちいただけましたらぜひ入会をお願いいたします。