企業主導型保育連盟

活動内容

企業主導型保育連盟では、「行政への要望書・意見書の提出」「各種研修の企画・実施」「会員同士の連携強化・情報共有」を主な活動内容としております。

行政への要望書・意見書の提出

企業主導型保育事業は、平成28年度からスタートした新しい保育事業です。事業形態としては、認可保育園にはない仕組みを備えているため、待機児童解消に期待されている反面、草創期にあたるため課題があるのも事実です。

そこで当法人では、企業主導型保育事業をより良い事業としていくための「要望書・意見書」を会員施設とともに作成し、行政等へ提出していきます。

自らの事業は自らの手で良くしていく、そんな考えの元「意見書・要望書」の作成を行ってまいります。

各種研修の企画・実施

当法人では、企業主導型事業を経営している方に向けた「連絡会」、施設責任者に向けた「園長会」、現場スタッフに向けた「保育士会」など様々な研修を企画・実施しております。

それ以外にも、ITスキル向上やビジネスマナー向上などの研修も企画しております。

今年度の研修予定はこちらでご覧ください。

会員同士の連携強化・情報共有

企業主導型保育事業者の中には、保育園の運営が初めてという事業者もおります。また認可外保育園のため自園で園児募集を行わなければならないなど、他社の取り組みが非常に参考になることもあります。

そういった各地に点在する企業主導型保育園を繋げることで連携強化を図り、情報共有をしていきたいと考えております。

 

 

それ以外にも、企業と保育園の企業枠のマッチングや保育相談窓口の設置なども、将来的には検討していきたいと考えております。

 

企業主導型保育連盟に関する質問や入会のお問い合わせはこちらからお願いいたします。

企業主導型保育連盟に対するお問い合わせ
入会のご案内